【侍777実践】侍的2スロから始める貯玉生活20日目【DJGEN115】

夏真っ盛りの中、この記事を読んでいただき、真にアリガトウゴザイマス。

DJGEN115でございます。

滅茶苦茶熱いですね、神熱です。

そんな暑い中、私めからお願いがあります。

車でホールへと行く方、駐車場からホールまでの間だけでもいいんで、車内に子供が居ないか見てください。

万が一、居たらすぐホールの人に言って下さい。

最近そう言った事件の報告やツイッターやニュースであまり言われてないんで、案件も少なくなったのかなぁ?とか思ったりします。

いや、思ったりしてるだけで、わりかしあるのかもしれません。

2.3年前はツイッターでも車内放置が無いか確かめてみよう!なんて呼びかけがあったと思うのですが、最近はあまり見られて無い様に感じます。

案件が減っているいい方に進んでいると信じたいです。

だけどここで油断なんぞしてはいられません。

大手の店員さんとかは見回ってくれますが、全ホール必ずしもやってるわけではないようで。

これ以上事故が起きて我々パチンコ好きの評価も下げたくはないんです。

この記事を読んでいる

パチンコ、パチスロ好きの皆々様。

よろしくお願い致します。

ユーザー側も微力ながら、事故を無くす方へと協力しましょう。

では本編どうぞ。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

あらすじ

ジャグラーでいつも通りのメダルの枚数になった。ここからどうにかして増やしたい。

侍的2スロから始める貯玉生活

20日目 好転の兆し

6/28

仕事終わり、昼前にホールへと到着。

良い台がないかなとシマを散策。

ARTやボーナス回数が0で597回転で放置されている北斗新伝説を発見。

確か設定変更の時は510で天井。
通常時は710で天井。

ほほう、据え置きか。

前日は4回スルー、でもグラフはどう優しく見てあげても低設定。

因みに6回スルーでART確定。
まぁいい、打ってみるか。
70回転に宿命の刻当選、もやっぱりケンシロウは倒れる。
ここでやめてもいいかなぁ、なんて考えつつ、やっぱり1回ぐらいはバトルを体験しておきたいと思い、続行。

ふっつーに300嵌るよね、そりゃそうだ、前日は誰がどう優しく見ても低設定。

貯玉を心配しつつ更に回して396回目に宿命の刻。

そこでバッドが危険運転してる横でケンシロウが馬で人をびしーばしーしてると。レインボーが出てきやがりまして。
見事激闘乱舞確定です。

DSC_0840

んでもって、3連で終了。

DSC_0841

その中でタフボーイ聴けたり、BGMはサミーカスタムでアラチャンのBGMでノリノリで身体を熱くしながら打ってると、隣で獣王を打っているお兄さんがBGMをアラジンにしたりと、なかなか面白い珍現象を体験してので、心は満足です。

メダルは減ったけど、心は満足、最近それすら体験できなかったのかと、少しばかり残念な気分にもなりました。
↓実践メモはこちら
6/28
北斗新伝説
0/0/597
据え、4スルー
667 宿命 負けました
396 宿命
3連でおわり

382流し
873枚

残る貯玉873枚

7/2

特に打つ物がないので流れでツインブレイクに着席。

ふと、周りを見ると、2スロ増台!(予定)というポップが貼られております、選択肢が広がるのは助かる。

だけど、ホールの駐車場がっつり減らされて、その土地がトラックの駐車場になってるの不穏なんすけど、大丈夫なんすかねこれ。

んでもって実践開始

60回転で赤同色ボーナス。

ハナロマンパワーが炸裂して、ボーナス中にハイビスカスを光らせる事に成功。

んでもって2戦目に同色ゲット、早い段階で助かります。

しかし3戦目負け。

66回転回して終了。
↓実践メモはこちら
7/2
ツイブレ
0/0/156
215 赤同色
1 戦目 MB
2戦目 青同色
3戦目負け
66やめ

488
1161

残る貯玉は1161枚、結局いつもどーりの枚数でフィニッシュ。

2スロコーナー増台とか言うてますが、駐車場が狭まってて不穏です。

次回予告

2スロ増台!いろいろ入ってGEN-SANも満足!そしてやった台はレア台!?

侍的2スロから始める貯玉生活

21日目 増台からはじまる、好展開

ではまたっ! 弟と一緒にガルパン見てきまーす。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です